意見練習:日本が軍隊を持つことについて

   

毎週日曜日の『OPINION TRAINING(意見練習)』、本日は『日本は軍隊を持つべきである。賛成か、反対か。」でした。

少々過激なお題ですが…、もちろん、現時点では憲法違反です。
しかしながら、中3は『平和主義』を習いましたので、米・中との関りや北朝鮮の問題もあり、考えてみるいい機会です。

さて、生徒たちの意見です。
本日は、反対意見から。

  • 戦争に巻き込まれる危険がある。
  • 海外からの非難が増える。
  • 政府の国民に対する弾圧の原動力になる。
  • 費用がかかるのに直接生産性がない。
  • 国民の意見に沿わないことをすることで、国民主権に反する。

などの意見がありました。
当たり前ですが、戦争する、または紛争に巻き込まれることへの恐れが大きいですね。

賛成意見は、

  • 外交で優位に立てる。
  • 先進技術のロールアウトと実戦のためのフィールドとして使うことができる。
  • 外部の侵略から国民の生命と財産を守ることができる。
  • 政治的に自立した立場を維持しやすい。
  • 身近な人に軍人が増えることで、シビアな国際情勢を知ることができる。

など、直接自国を守るため、また、外交での優位性を発揮するためという意見が多かったです。

このトレーニングを通して、自分の意見を持つ習慣をつけ、反対意見に対する理解も深めることで、さらに発信していく力になっていくことを期待しています。

・・・・・

※当校の『OpinionTraining(意見練習)』とは

当校では、いろいろなことに自分の意見を持つ、という練習を毎週日曜日に行っています。
今年度の参加対象者は、受験対策を受講している中3生です。
普段から意見を持つことに慣れていないので、ディベートではなく、その一段階手前です。

主題は、時事・政治ネタから身近な生活についての話題など、多岐にわたります。
あらかじめ意見を調べてきて、発表します。

ここで大事にしているのは、

  • 会の結論として、賛成か反対かは決めない。
  • 賛成意見と反対意見を両方調べてくること。
  • 挙手制ではなく、全員発表する「指名制」。
  • 私自身の個人的な意見は言わない。

ということ。

意見を戦わせることが目的ではなく、「自分の意見を持つこと」が目的ですから、勝ち負けではありません。
また、私が個人的な意見を言ってしまうと、大人の意見であり教師の意見ですから、生徒の意志を左右させてしまうことにもなります。

いろいろな意見を聞いて、自分の意見もどんどん変わっていい。
意見が変わるのは知識を得たからであって、成長している証拠。
これによって、さらに自分の知識や意見が深まっていきます。

生徒がいろいろな物事に対して、いい意味で「意見を気軽に持つ」ことに慣れていってほしいと思っています。

 - 意見練習