合格発表を終えて

   

昨日3/14に、公立高校入試の合格発表がありました。


これで合格発表がすべて出そろい、公立・国立・私立の中学校・高校受験において、志望校に塾生全員、無事合格いたしました。

12:00の発表時間が近づくにつれ、ドキドキが止まらない。
12:00過ぎても、生徒からもなかなか連絡がないので、仕事が手につかず、時間も過ぎるのが遅い。
何年たっても合格発表は慣れないもので、いつもこの状態です。

しかし、合格発表は塾の教師ならではの感動があり、他ではなかなか味わえません。
「塾教師あるある」だと思いますが、教師は合格発表後に「この瞬間のためにこの1年間やってきた」と思うものです。

そして生徒さんは、通常授業、自習室、夏期講習、冬期講習など、その過程すべてに全力で応えてくれました。

本当によく頑張った。
全員が志望校に合格したことはあくまでも結果なのですが、感動を倍増させてくれたと同時に、正直ホッとしました。

この感動を味わわせてくれた生徒の皆さんに、改めて感謝いたします。

そして保護者の皆様は、不安の中で、子供にどのように接したらよいか、このままで本当に大丈夫なのか、もっとできることはないのか、生徒以上に心配して、心を砕いてこられたと思います。
恐らくは、生徒以上にジタバタされたのではないでしょうか。
そのような中でも、お子さんに反発されながらも声をかけていただき、また、塾まで送迎していただき、陰ひなたにサポートしていただきましたこと、本当にお疲れさまでした。
なによりも、大切なお子様を当校に預けていただきましたこと、心より御礼申し上げます。

改めて、受験生ならびに保護者の皆様、
誠におめでとうございます!

 - モチベーション